ない任意の情報は
日程の提案
行程內容
台南火車站(台南駅) → 赤嵌樓 (赤嵌楼)→ 祀典武廟(祀典武廟) → 大天后宮(大天后宮) → 國家台灣文學館(国家台湾文学館) → 孔廟(孔子廟) → 泮宮石坊(泮宮石坊) → 五妃廟(五妃廟) → 法華寺(法華寺) → 延平郡王祠(延平郡王祠) → 夜宿台南(台南泊まり)
台南府城孔子廟春の旅

 台南市の中西区は沢山の古跡観光スポットが含まれています、孔子廟を中心に、周りには国家台湾文学館、延平郡王祠、泮宮石坊、大南門城等十数個の古跡に囲まれています、そして、台南市の日本統治時代から残された政治、文化教育、ビジネスなどの公共歴史性の建築、または明、清時期以来の伝統お寺などがあります。質や量的とも台南市最も文化歴史意義を持つビジネスエリアです。

 赤レンガが特色の孔子廟文化園区から伸ばして、辺りの巷や街道で構成された園区には、色々なコーヒーショップ、異国風レストランそして屋台料理などがあります。イタリアン料理から、アメリカン料理、コーヒー、ファーストフード、午後茶などの異国風料理から、牛肉ラーメン、フルーツ氷、肉団子入り蒸しまん、肉まん、焼きインスタントラーメンなど地元の美食まで、園区に入れば、府城に隠された中西美味が溢れる街を発見できます。近辺の町には、沢山の屋台料理の老舗があります、八宝肉まん、肉団子入り蒸しまん、サバヒー団子のスープから内陸風味の冷やしラーメンまで、古跡と屋台料理を結合した旅は、最も台南の孔子廟ビジネスエリアン特色及び魅力を体験できるコースです。

上述の行程は約半日の時間をかかります、若し一日単位の行程規格を選択したい場合、更に赤崁樓、祀典武廟及大天后宮などを行程に入れればよい。古跡巡りを現地グルメを結合するコースは、最も外国観光客に人気のあるコースです、このような行程は旧暦正月の間家族揃いでお出かけするのに最適です。